男子車いすバスケのパラ銀メダリストらが躍動 北九州で全日本ブロック選抜大会

コート上で激しく戦う選手たち

記事 INDEX

  • ブロック選抜とU23強化試合
  • トップ選手のプレーに熱視線
  • 競技の魅力を北九州から発信

 北九州市立総合体育館で11月12、13日、「第23回全日本ブロック選抜車いすバスケットボール選手権大会」が開催されました。関東、東京、近畿、九州の4ブロックの選抜チームによるリーグ戦と、男子U23日本代表の強化試合が行われ、観客たちの前で熱戦を繰り広げました。

トップ選手のプレーに熱視線

 関東選抜には古沢拓也選手と川原凜選手、U23代表には鳥海連志、赤石竜我、高松義伸の各選手と、東京パラリンピックの銀メダリスト5人がエントリーしました。

 中でも注目を集めたのは、「車いすバスケの流川楓」とバスケットボールの人気漫画「スラムダンク」の登場人物にも例えられて評判になった鳥海選手です。客席には手作りの応援グッズを手にしたファンの姿も多く見られ、パラリンピックで見せた華麗なチェアワーク、ハードでスピードあるプレーで観客を魅了しました。


客席の注目を集めた鳥海選手

 長崎県出身の鳥海選手は「九州出身なので、この大会には思い入れがあります。これだけのお客さんが来てくれるのはパラリンピック前からの変化だと思います。今後もこういう大会を見に来てほしいですし、僕らは勝つことや、楽しませるバスケットをしていきたいです」と決意を新たにしていました。


来年の世界選手権を見据える高松選手

 高松選手は「たくさんの方の前で試合ができてうれしいです。世界選手権でも結果を出し、その先につなげていきたいです。この競技への注目をもっともっと高めていきたいと思います」と語り、両選手とも来年5月に千葉で開催される「男子U23車いすバスケットボール世界選手権大会」を見据えていました。


advertisement

競技の魅力を北九州から発信

 大会前日には「第16回北九州市小学生車いすバスケットボール大会(北リンピック2021)」も開かれました。対象は5年生。子どもたちが車いすバスケに親しんで理解を深めてもらおうと、「北九州チャンピオンズカップ」と同様、2002年に北九州市で開催された世界選手権「ゴールドカップ」のレガシーを引き継ぐ大会です。

 市内5校の7チームが参加。新型コロナウイルスの影響で練習時間が十分に確保できなかったこともあり、例年とは内容を変えての大会となりましたが、児童たちはU23代表との質疑応答やエキシビションマッチなどを通して交流を楽しみました。


熱戦が続いた全日本ブロック選抜大会

 北九州チャンピオンズカップ実行委員会事務局の有延忠剛さんは、今回の全日本ブロック選抜大会の開催発表後の問い合わせの多さに、東京パラリンピックの影響の大きさを感じたといいます。「北九州市はゴールドカップの開催から、長年にわたり競技の普及や振興に取り組んでいます。これほど地道に活動している自治体はなかなかありません。今後もできる限り長く続けていきたいです」と話していました。


北九州足立クラブの山口選手

 開会式で選手宣誓をした九州選抜の山口音耶選手(北九州足立クラブ)は、所属チームのTwitterアカウントを通じて、車いすバスケのPRを続けています。「車いすバスケは性別も年齢も、障害の有無も関係なく楽しめる競技。プレーする楽しさをもっと知ってほしい」と競技普及への意気込みを語ってくれました。

 東京パラリンピック男子車いすバスケの日本代表選手は全員、北九州での大会に参加した経験があるとのこと。来年は「北九州チャンピオンズカップ」が3年ぶりに開催され、さらに多くの人が競技の魅力を知り、北九州と車いすバスケの歴史に触れることを期待しています。


優勝トロフィーを受け取る関東選抜の古沢選手(右)ら


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介