ペイペイドーム隣に火鍋の新店! 菰田欣也さんの「ファイヤーホール4000」

2種類のスープで味わう火鍋(写真は2人前)

 福岡ペイペイドーム(福岡市中央区地行浜)に隣接する複合エンターテインメント施設「BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)」3階に5月27日、火鍋を中心に提供する中国料理店「ファイヤーホール 4000」がオープンします。

西日本に初出店

 同店は、料理番組でも活躍する菰田欣也さんがオーナーシェフを務めます。これまで東京都内に3店を構えており、4店目となる福岡は西日本初出店です。


明るく清潔感のある店内

 自慢の火鍋は、中国・重慶発祥の激辛鍋を日本人に合うように菰田さんがこだわり抜いた一品。四川特有の唐辛子を使った辛味と、ニンニクや独自配合の漢方による薬膳の2種類のスープで味わいます。


辛味(左)と薬膳、2種類のスープで豚肉や野菜を味わう(コースで2人前8000円から)


advertisement

火鍋もつ鍋も!

 福岡の新店舗では、糸島産の豚肉や地元で仕入れた野菜など地域の食材を中心に使用。ここでしか食べられない「福岡限定! 火鍋もつ鍋」もメニューに加え、観光客も地元の人も楽しめるようにしたそうです。


「福岡限定! 火鍋もつ鍋」も(コースで2人前7000円)

 菰田さんは、辛味が苦手な人は薬膳スープのみ、味を調整したい人は2種類のスープを混ぜるなど、好みに合わせた味わい方も勧めます。「福岡は水炊き、もつ鍋といった鍋を食べる習慣が根付いています。火鍋も加えて三本柱のような形で、親しんでもらいたい」と意気込んでいます。


「お客さんの声を聞きながら、よりよい店づくりを」と語る菰田さん

 火鍋はコースで2人前から、15~22時のディナータイムに提供。マーボー豆腐などの定食メニューはランチタイム(11~15時)から味わえます。

 店舗の詳細は、BOSS E・ZO FUKUOKAの公式サイトでも紹介しています。


福岡ペイペイドーム(左)に隣接する「BOSS E・ZO FUKUOKA」


(写真:大野博昭)


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅