今にも襲ってきそうな迫力 田園地帯で異彩を放つリアルな「恐竜」が人気

田植えが終わった田んぼのそばで存在感抜群の恐竜のオブジェ

 田園地帯に現れた巨大恐竜――。福岡県飯塚市津原のガソリンスタンド「イワキン石油」の敷地にそびえる恐竜のオブジェが、のどかな風景の中で異彩を放っている。


開いた口から鋭い歯がのぞく

 ティラノサウルスをモデルにしたこの恐竜は、高さ約5メートルで、頭から尾までの長さが10メートルを超える。大きく開いた口からは鋭い歯がのぞき、ごつごつとした皮膚の質感もリアルだ。


今にも暴れだしそう

 所長の今城大輔さん(39)によると、元は福岡県久山町のパチンコ店の駐車場にあった。5年前、店舗の閉鎖に伴い、本社の解体業「イワキン工業」に恐竜の解体・撤去の依頼があったという。

 「こんなに出来のいい恐竜を壊すのはもったいない」と、同社が経営する給油所へ移設することに。頭、尾などに分割してトレーラーなどで運び、組み直した。


車の窓越しに見る恐竜

 設置した当初は、夜間に付近を通過する車のドライバーが、ヘッドライトに照らし出される恐竜の姿に驚くこともあったという。


360度カメラで撮影した「恐竜のいるスタンド」


 今では「恐竜のいるスタンド」として地域にすっかりなじんだ。恐竜が好きな親子連れや、バイクのツーリングで訪れた人たちが、恐竜をバックに記念写真に納まる撮影スポットになっている。


今ではイワキン石油の「顔」に


 恐竜ファンからこれまでに3、4件、「庭に置きたいので、ぜひ譲ってほしい」と依頼されたことも。今城さんは「給油しなくても見学自由です。撮影するときは敷地に駐車してもらって構いませんよ」と話している。



advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅