もふもふ「ひつじのショーン」に会える!福岡で展覧会や催し

ショーンの世界を満喫(展示品は© and TM Aardman Animations Ltd. 2022)

記事 INDEX

  • 撮影のパペットやセット
  • 人気作家のミニチュアも
  • ほっこりグルメを提供中

 世界で愛されているクレイアニメ「ひつじのショーン」の歩みや魅力に迫る展覧会が、福岡市・天神の福岡県立美術館で12月24日まで開催されています。11月25日には関連企画のコンサートが同館で開かれます。市内の商業施設でも別途、ショーンをテーマにした催しが行われており、この冬は福岡の各地でショーンに出会えます。

撮影のパペットやセット

 ひつじのショーンは、英国のアードマン・アニメーションズが制作。ショーンと仲間たちが繰り広げるドタバタコメディーで、2007年に英国や日本でテレビ放送が始まり、世界約170か国で愛されています。


テレビシリーズの歩みなどを紹介

 今回の展覧会は、テレビシリーズ放送開始15周年を迎えたことを記念し、22年夏の京都会場からスタート。東京、福島を経て、今回の福岡は4か所目です。県立美術館や東映などが主催。なお、会場内は一部を除いて撮影禁止となっています。


ショーンが初登場した「ウォレスとグルミット 危機一髪!」の映像も

 会場には、撮影やプロモーション用に制作されたパペット(人形)やセット、描きおろし画など約300点を展示。「ウォレスとグルミット 危機一髪!」のサブキャラクターとして誕生したショーンの歩みや、6シリーズあるテレビ放送、映画、制作の裏側といった四つのテーマを軸に紹介します。


土が跳ねた跡まで表現されたバスなどのセット

 撮影用セットは、バスの車体に土が跳ねた跡があったり、スーパーの冷凍庫に様々な商品が並んだりと、細部まで丹念に作り込まれていることが分かります。


スーパーのセット

 「あ、い、う、え、お」のような母音に合わせて付け替えているというショーンの口元など、体のパーツも展示されています。


advertisement

人気作家のミニチュアも

 また、SNSなどで人気のミニチュア写真家・田中達也さんが手がけた作品も。お寿司(すし)を題材に、ユーモアたっぷりにショーンを表現しています。


田中達也さんの作品も展示(© Tatsuya Tanaka)

 関連グッズ約200点の販売も行っています。展覧会限定のオリジナルも多く、パーカーのほか、「八幡屋磯五郎七味」といったユニークな商品もあります。


パーカー(左、税込み4950円)と、「八幡屋磯五郎七味」(735円)(SHAUN THE SHEEP AND SHAUN’S IMAGE ARE ™AARDMAN ANIMATIONS LTD.2023)

 関連イベントとして11月25日、県立美術館2階ロビーで、テレビアニメ「ひつじのショーン」のオープニングテーマなどを演奏する「アクロス・ミュージアムコンサート in 県美」が開かれます。参加無料で申し込み不要。午後1時30分と、午後3時からの2回(各約30分)です。詳細は公式サイトへ。


福岡県立美術館

ほっこりグルメを提供中

 また、福岡市中央区の商業施設「マークイズ福岡ももち」でも、ショーンとのコラボ企画「Shaun the Sheep ふわもこメェ~リークリスマス」を12月25日まで開催中です。

 館内の飲食・物販17店で、「ふわもこ」をキーワードに選んだメニューなど、「ほっこりグルメ」を紹介。対象商品(1000円以上)を注文すると、先着1500人にショーンのフレークシールがプレゼントされます。


ほっこりグルメを紹介するポスター(SHAUN THE SHEEP AND SHAUN'S IMAGE ARE ™ AARDMAN ANIMATIONS LTD. 2023)

 このほか、館内6か所でキーワードをすべて集めると、ショーンのオリジナルステッカー(先着4000枚)がもらえるラリー企画もあります。

 12月16日にはショーンとの撮影会も企画。23、24日には、ひつじのショーンがデザインされた「おなまえホルダー」を作るワークショップなども開催されます。詳細は施設の公式サイトで紹介しています。


advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅