芸術と農業のいいカンケイ 福津で暮らす「芸農人」に聞いた

大好きな「キリン」などを描いた新作の絵を紹介する寺嶋さん

記事 INDEX

  • 幸せを交換する
  • 祖母の褒め言葉
  • 農業は“健康法”

 芸術活動と農業の両立に挑んでいる男性が福岡県福津市にいます。明るく個性的なアクリル画が人気の寺嶋拓哉さん(25)。評価を得ているアートで生計を立てていますが、農作業による“相乗効果”もあるそうで、今年は「新たな拠点づくり」も目指すなど活動を広げていく考えです。

幸せを交換する

 「『これだけは見たい』と熊本から来てくれたお客さんもいます」

 福津市の観光案内施設「津屋崎千軒なごみ」。1月中旬、個展を開いている施設の一角を訪ねると、寺嶋さんがにこやかに迎えてくれました。


福津をテーマに描いた新作を紹介する寺嶋さん

 約30点が並ぶ会場でひときわ目を引くのは、100号(幅1.6メートル、高さ1.3メートル)の大作。福津をテーマに制作を進める過程で「2023」と描き入れたため、「23年12月31日にギリギリで仕上げた」そうで、今回が初お披露目です。


カラフルな作品が目立つ

 福津の好きなスポットや「日本が優勝したWBC」といった自分の関心に基づくもの、電気で動く飛行機や船など未来への想像――。1年半をかけた新作には、寺嶋さんの「好き」が詰まっています。価格は500万円以上の設定ながら、すでに購入に関する問い合わせも受けているそうです。

 「『何でこんなに高いの』と言われることもありますが、僕は元々、売りたくないんです。さみしいけれど(欲しくて買ってくれる人との)『幸せの交換』になるように決めた値段なので、下げることもしません」


ウミガメを描いた作品も

 何でも気さくに話してくれる寺嶋さん。自然体で接する人柄もあってか、会場で足を止める人の姿が多く見られました。今回の個展は2月12日までで、入場無料。期間中はワークショップも開催します。基本的に教えることはせず、参加者は用意された画材で自由に描くそうです。


急な病院受診による出費をテーマにした作品(手前)などが並ぶ

 1月中旬に長女(7か月)とワークショップに参加したという女性(39)は「娘にとって初めてのアート。自由につくらせてもらい、お願いすると気軽に絵も加えてくれました」と笑顔です。その女性の勧めで来場した北九州市の両親(ともに68歳)は「絵に優しさがにじみ出ている。見ていると気持ちが明るくなる」と、にこやかに作品を見つめていました。


advertisement

祖母の褒め言葉

 寺嶋さんは、同県うきは市の出身。特に熱心に絵を描き始めたのは、「解離性障害」を発症した小学6年生の頃でした。

 周囲からの強いストレスが原因とされる疾患で、寺嶋さんの場合、一時は食べ物の名前さえ分からなくなり、勉強も苦手に。学校に行けない日も度々あったそうです。


高校時代に描いた、お気に入りの列車の絵

 自宅ではよく、台所で絵を描いていました。「おばあちゃんがいつも褒めてくれて。『ベレー帽かぶって画家になれ』が口癖でした」

 高校に進むつもりはありませんでしたが、周囲の勧めで特別支援学校へ。「行って分かったことがあって。『表現は人それぞれ。自由でいい』――ということです」


会場で紹介しているプロフィルの一部。祖母への思いがつづられている

 同じ絵でも、背の低い人が見ると作者の意図とは違ってペンギンに思えたり、目の見えない人には空が「青」ではなかったり。多様な感性に触れたことは、自身の創作の幅を広げました。現在の「教えない」ワークショップも、それぞれの「自由」を大切にしたいとの思いで生まれたスタイルです。


ワークショップに参加した子どもの作品を紹介する寺嶋さん。「基本的に教えたりしません」

 学校を卒業した2016年、障害者施設で働き始めました。それから間もなく、祖母が他界し、一時は絵を描く気力もなくなりましたが、周囲の励ましで再開。給料で買ったアクリル絵の具を使い、色鉛筆が中心だった学生時代よりカラフルな作品が増えました。

 「埋もれるのがイヤ。『自分の絵』と分かるものを描きたい」


巨大アートコンペで優秀賞に輝き、展示された寺嶋さんの作品(右)(寺嶋さん提供)

 17年、介護施設の職員に。同年には東京パラリンピックを前に開かれたパラアーティストの巨大アートコンペで優秀賞に輝き、東京のJTB本社ビルに展示されました。また、母が地元で企画した個展を機に、「僕でもやれる」と自信が生まれ、招きに応じて各地で開くように。次第に、企業などから、ロゴやイラスト制作の依頼も舞い込むようになりました。


優秀賞に輝いた「いろいろすぽっつ」(寺嶋さん提供)

農業は“健康法”

 コロナ禍もあり介護施設での勤務とアート活動の両立が難しくなり、20年に退職。父方の祖父(94)のサポートと作品制作に注力するため、祖父の住む福津市へ移りました。

 海岸の清掃を通じて22年に出会ったのが、現在、アーティストグループ「音夢晴r樹(ネムハージュ)」としてともに活動するステンドグラス作家の衛藤直子さん(50)です。


衛藤さんの作品(福津市複合文化センター・カメリアカフェで)

 「夜に眠れない」ことを衛藤さんに相談し、勧められたのが農業でした。糸島市の稲作農家を手伝う中で無農薬、無化学肥料栽培を学び、22年秋頃から福津市内の親戚の畑(約1000平方メートル)を借り、自ら野菜や果物を育てています。

 土地に合う作物を探るため、当初は様々な種類に挑戦。この冬は白菜やタマネギ、イチゴなどを育てています。収穫した作物は、個人宅や飲食店に定期的に届けるほか、個展の会場でも販売しています。


寺嶋さんたちが営む畑。白菜やタマネギ、イチゴなどを栽培

 「絵は、比較的(生活に)余裕のある人に(需要が)限られがちですが、食べ物はみんなに必要。アートとはまた違った人と接点ができ、やりがいも感じます」

 オクラをモチーフにしたトレーナーをつくるなど、農業は創作のテーマも与えてくれます。何よりありがたいのは「夜、しっかり寝られること」といいます。「一日中ずっと絵を描いていると、夜に寝付けない。日中、農業をすることで体が疲れて眠ることができます」


個展の会場ではオクラのトレーナーなども販売

 なお、「音夢晴r樹」という一風変わったグループ名は、寺嶋さんと衛藤さんがともに好きな漢字「音」「夢」「晴」「樹」の4字と、アート(art)の中で芽吹いた双葉のように見える「r」に由来します。

 2024年は、寺嶋さんにとってますます「チャレンジの年」になりそうです。夏には、たくさんオクラを育てて地域の子どもたちを招き、初のイベント「オクラ狩り」を予定。イチゴ狩りのように、愛されるイベントにしたいと考えています。


津屋崎の町を歩く寺嶋さん

 2月17~29日には、遠賀町のハナオコーヒーで、作品を展示販売する予定。そうした各地での個展も大切にし、インスタグラムでも情報を発信します。さらに、作品や農作物を展示販売できる常設の拠点を設けたい、とも考えています。

 「たくさんの人とつながりを、しっかりと結んでいける場所にしたいです」

 寺嶋さんたちの自然体の歩みが、さらに新たな道を開いていきそうです。


「たくちゃん」(右)は自身がモチーフ


advertisement


この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅