大正期に門司で生まれた「サクラビール」を現代風にアレンジ 数量限定で6月発売

数量限定で販売される「サクラビール2020」(写真はいずれもサッポロビール提供)

 サッポロビール(東京)は、大正から昭和初期にかけて門司市(現・北九州市門司区)で製造された「サクラビール」を現代風にアレンジし、数量限定で6月16日に発売します。歴史あるビールの風味を残しながら飲みやすさを重視し、現代の消費者に好まれる味わいに仕上げたそうです。缶には当時のラベルをデザインしました。


広告

九州初のビール工場で製造

 サクラビールは、門司で創業した「帝国麦酒」が九州初のビール工場で1913年(大正2年)に生産を始めました。ラベルには桜の花と工場があしらわれ、琥珀色をしたビールは甘みのある風味が特徴だったといいます。海外にも輸出されましたが、「大日本麦酒」(サッポロビールの前身)との合併を機に、1943年(昭和18年)頃に製造を終えたそうです。


帝国麦酒の「サクラビール」のラベル

 旧帝国麦酒の工場はその後、サッポロビール九州工場として稼働を続け、大分県日田市への工場移転に伴って2000年に閉鎖されました。現在、建物は「門司赤煉瓦プレイス」として保存活用され、九州のビールの歴史と文化を伝えています。


「サクラビール」を製造していた帝国麦酒の工場


広告

甘みを抑えてすっきりと

 サッポロビールが今回発売する商品は「サクラビール2020」。技術者が当時の製法を記した文献を読み込み、使用する麦芽や酵母の働き具合などが異なる100年前のレシピを現代風によみがえらせ、約半年かけて商品化したといいます。当時の琥珀の色合いを残しつつ、甘みを抑えてすっきりした味にアレンジしたそうです。


「サクラビール2020」の6缶パック

 サッポロビールは「大正・昭和期に思いをはせながら、生まれ変わったサクラビールを楽しんでください」と話しています。


商品名 サッポロ サクラビール2020
内容量 350ml/500ml
アルコール分 5%
価格 オープン価格

広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく