おうちで楽しめるバーチャル植物園が開園 福岡市「オンライン一人一花サミット」

福岡市のサイト「オンライン一人一花サミット」のトップページ(画像はすべてサイトから)

 福岡市植物園の立体画像などをパソコンやスマートフォンで楽しめる「3Dバーチャル植物園」がオープンしました。新型コロナウイルスの拡大により自宅で過ごす時間が増えるなか、園内をオンラインで散策してもらおうと福岡市が開設しました。

園内を本当に歩いているみたい

 バーチャル植物園は、10月に始まった「一人一花サミット」の一環として、福岡市が開設したウェブサイト「オンライン一人一花サミット」で楽しめます。新型コロナの影響で開催を見送った市民参加型イベントの代わりに"開園"しました。


福岡市植物園のバラ園の3D画像

 オンラインで散策できるのは、植物園内のバラ園温室です。見頃を迎えた花々や珍しい植物の様子を、まるでその場にいるかのように眺めることができます。


鮮やかな花が咲いた温室の様子


広告

ワークショップ動画も充実

 サイト内の「一人一花サミットチャンネル」では、市民団体や学生によるワークショップの動画も公開。自宅にいながら園芸や環境などについて学べます。

 片江市民緑地グリーンメイトの会は、フラワーリースの制作や「石つき盆栽」の作り方などを説明しています。


片江市民緑地グリーンメイトの会によるワークショップ

 西日本短期大学緑地環境学科の学生たちは「人+木=休 体験リレー」と題して、純植物ナチュラル石けん水、竹で作る鉛筆ホルダーなどを紹介しました。


植物の魅力を伝える西日本短大の学生

ネットとリアルの融合を楽しんで

 これからは、季節ごとのコンテンツも増やしていくとのこと。オンラインでいつでも、最も美しい時季の植物の姿を楽しめそうです。

 福岡市一人一花推進課の上原真之課長は「植物園にもぜひ足を運んでもらい、ネットとリアルを行ったり来たりしながら、花の素晴らしさを再認識してほしい」と話しています。



広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介