ビッグバンで一変する天神 【前編】カメラを手に歩いて「今」を切り取った

天神の象徴的存在だった「イムズ」の解体工事が進む

 「100年に1度の大変革」ともいわれる福岡市の「天神ビッグバン」。国の「国家戦略特区」の指定を受けて、福岡市が2015年にスタートした再開発促進策だ。老朽化した大型ビルの取り壊しが進む一方で、地上19階の「天神ビジネスセンター」が完成するなど、日々変化を遂げる天神をカメラを手に歩いた。


唐人町(中央区)の明治通りから大名小跡地の再開発ビルを望む

 高さ制限を最大115メートル、容積率を最大1400%に緩和した天神ビッグバンは、天神交差点を中心に半径約500メートル、およそ80ヘクタールのエリアで進む。2026年までに約70棟のビルが建て替わる見通しだ。


2008年に撮影した天神中心部(上)と現在の様子

 2021年8月に幕を閉じた複合商業施設「イムズ」。金色の鮮やかなタイルが印象的で、かつては天神のシンボル的存在だった建物も、解体のための足場が組まれ、青いネットに覆われている。


福岡ビル跡地の上には青い空が広がっていた(奥はイムズ)

 西日がビルにあたりレフ板のように反射して、街並みに光を照らす。ガラス窓に映る街並みが、モザイク模様をつくり出し、さながら光と影が織りなす現代アートのようだった。


ビルの建て替えが進む街並みがショーウィンドーに映る

 福岡大空襲も体験したという福岡市早良区の森部聰子(としこ)さん(84)は「昔はここに市場や商店街があり、空が広がり虹も見えました。ビルが壊され、限られた時間だけれど、広い空が復活したように見えますね」と天を見上げた。


後編「福岡YPC会員が街の『表情』を撮った」はこちら


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅