かわいすぎてペットにする人も マイクロブタとふれあえる「mipig cafe」

記事 INDEX

  • 人なつっこくて賢い
  • カフェは「保育園」
  • かわいい存在を知って

 一般的なブタより小さいマイクロブタとふれあえる「mipig cafe 福岡店」が福岡市中央区にオープンしました。人なつっこいブタたちと楽しい時間を過ごし、イヌやネコといったペットと同じように、身近な存在と感じてもらうことを目指しています。

人なつっこくて賢い

 mipig cafeは、中央区大名2丁目のビル5階にあります。絵本の世界のような雰囲気の店内には、20~30匹のマイクロブタがいます。床に座ると、すぐに何匹もすり寄ってきて、足の上に乗って甘えてくれます。


 マイクロブタは18~40キロくらいに成長し、大人になると中型犬ほどのサイズになります。店長の下岡由季さんによると、とても人なつっこく、食事の場所とトイレをするところを分ける賢さもあるといいます。

 体臭は少ない上、イヌやネコより動物アレルギーの症状が出にくく、イギリスやアメリカなどではセレブが飼うペットとして人気を集めているそうです。



 友人と2人で訪れた福岡市の会社員女性(33)も「動物とふれあいたいと思って来ました。想像した以上になついてくれて、とてもかわいい」と笑顔をみせました。


advertisement

カフェは「保育園」

 mipig cafeは、イギリスで人々とブタが共に生活する様子を目にした創業者が「家畜のイメージが強い日本でも、ペットとして人とブタが一緒に暮らす世界をつくりたい」とスタート。東京や名古屋にも店舗を構えています。

 店はブタにとって「保育園」のような役割を果たしているといいます。ファームで生まれたブタが来店客や他のブタと接する中で社会性を身につけ、ペットとして飼うことを望むオーナーが見つかれば、新しい家族の一員として迎え入れられます。


 ブタを引き取ったオーナーは、専用アプリ(有料)を通じて、飼育に関する相談や太りやすいブタの体重管理、専用フードの注文などが可能。飼育に必要な事前申請、定期報告など地域で定められた手続きもサポートしているとのことです。

かわいい存在を知って

 2月にオープンした福岡店でも、すでに10匹以上が新しい"家族"と出会い、旅立っていったそうです。下岡さんは「かわいいペットとしての存在を知ってもらい、人とブタさんが互いに幸せになれるような環境が広がっていけばいいなと思います。ぜひ気軽に訪れてください」と話しています。



(写真:大野博昭)



店名 mipig cafe 福岡店
所在地 福岡市中央区大名2-1-18 BROOM福岡5階
営業時間 10:00〜20:00(最終入店19:30)
料金
入場料:660円 (事前予約制)
利用料:大人30分1100円、60分1650円など(小学生は半額)
公式サイト mipig cafe

advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅