「革新しきれない人類」へ贈る 機動戦士ガンダム・富野由悠季 2000字インタビュー

根本のテーマは「革新しきれない人類」


--甚大な災害が起きた平成の後半は、癒やしや絆の物語が求められ、悲劇のストーリーは拒絶されがちでした。令和の時代を生きる若者にはどんな物語が必要でしょうか

 ここまで科学技術が進化してしまった社会、この現実の肯定を無制限にしていいのだろうか。そろそろ、それは危険な事だと思わなくてはいけないのではないか。これに尽きます。大量消費、効率化、それを目指す人の増殖を決定的に認めている。

--時間があとわずかです。監督は作品ごとに新しさを追求されてきたと思いますが・・・



 常に新しさを求めたことなんてありませんよ! 新規性はない。それぞれの作品の中で切り口を替えてきただけです。一人の人間にコンセプトはそう多く持てません。それは自分自身、今回の展覧会を見て思いました。いろんな作品を作っているように見せてきたが、根本的に全部同じ。テーマは「革新しきれない人類」。それだけです!!

 展覧会「富野由悠季の世界」は全国6会場を巡回。福岡会場は9月1日(日)まで。

広告


この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介