紫川に浮かぶ水鳥の橋 公害を克服して市民憩いの水辺に

「水鳥の橋」とも呼ばれる鴎外橋

 たそがれ時の紫川。「水鳥の橋」とも呼ばれ、鳥が羽を広げているような形をした鴎外橋を、小倉井筒屋(北九州市小倉北区)の8階連絡通路から望む。風を受けた川の水面がきらめき、橋の上はまぶしいほどに黄金色に輝いていた。

公害を乗り越えて


北九州市役所前の干潟で、夕涼みをする親子連れら(手前は鴎外橋)


 市民の憩いの川として親しまれている紫川だが、半世紀ほど前までは水質汚濁が深刻だった。北九州市によると、周辺の工場や家庭から排水が流れ込む川は、悪臭が漂い、黒く濁っていたという。その後、水質の改善が進み、今では親子連れが水遊びをする光景が見られるようになった。


広告

街の四季とともに


鴎外橋のネオンと鮮やかな紫色に染まった川面

 11月から1月には鴎外橋を中心に、小倉の冬の風物詩「小倉イルミネーション」が開催される。鴎外橋の「光のトンネル」は昨冬、市民からの強い要望を受けて2年ぶりに復活した。


整備された川岸では、散策やランニングを楽しむ人の姿も見られる

 川のほとりで暑気を忘れさせてくれる心地よい風を感じながら、公害を乗り越えてきた北九州市の街の歩みを思った。


小倉井筒屋の屋上から望む紫川。手前が鴎外橋、奥に小倉城や北九州市役所が見える


広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく