カヌーに乗って川面から見上げる小倉の街並み

神嶽川に架かる橋をくぐると正面に小倉城が

 カヌーを操り、神嶽川が紫川に注ぐ手前で橋をくぐると、正面に小倉城が姿を現した。水上から眺める北九州市街地は、普段とは違う雰囲気に見えた。


ボランティアらの助けを借りてカヌーに乗り込む参加者

 カヌー体験は、紫川沿いにある市立水環境館が行っており、10月まで楽しむことができる。パドルの使い方などを教わり、いざ挑戦。次第にコツをつかみ、カヌーは川面を滑るように進んだ。


水辺の風景を楽しみながら紫川をのぼる参加者たち

 水面に近い位置から見慣れた商業施設や市役所を見上げた。ビルだけでなく、空まで大きく広がっているように感じる。


橋の下を進む色とりどりのカヌー

 真夏日、吹き渡る風には潮の香りが混じり、優しく顔をなでる。橋の上から手を振る人たちに笑顔を返した。ぜいたくな時間だった。


川岸の木々の間から見えるカヌー


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅