全国初! 地図のゼンリン オフィシャルショップが北九州にオープン

記事 INDEX

  • 全国初めてのゼンリン公式ショップ
  • ご朱印帳や巾着など旅の和雑貨を新発売
  • 「mati mati」続々登場

 地図大手「ゼンリン」(本社・北九州市)は12 月7 日、北九州市小倉北区のリバーウォーク北九州に、地図をデザインしたオリジナル商品を販売する専門店「Map Design GALLERY(マップデザインギャラリー)」をオープンしました。ゼンリンの公式ショップは全国で初めてです。


広告

ショップ限定「地図柄旅雑貨」は旅のお供に

 ゼンリンは地図を「デザイン」として捉え、地図グッズを商品化する事業を進めています。マップデザインギャラリーは、地図のデザイン性を発信する拠点として、文房具や雑貨、アパレル商品などを販売。この店でしか入手できない商品もあり、ゼンリンは「地図に親しむ文化をつくりたい」としています。


 地図のデザインをご朱印帳や巾着、がま口などの和雑貨にあしらった「地図柄旅雑貨」シリーズはショップ限定品です。京都「碁盤の目」、東京・浅草「浅草寺と隅田川」、大阪・百舌鳥と古市「古墳」を展開しています。

人気の地図文房具「mati mati」続々


 2016年にゼンリンが初めて文房具市場に参入した地図デザイン文房具「mati mati(マチマチ)」シリーズ。目的地にたどり着くという地図の機能面ではなく、「街の特徴」「地図そのもののデザイン」に着目した企画として、ゼンリン社内に20~30 代の女性社員によるプロジェクトチームを立ち上げ、商品化しました。これまでに福岡市・天神のほか、東京の表参道や丸の内、京都市、那覇市など全国15地区の地図データをクリアファイルやマスキングテープ、付箋などにしています。



広告

「ゼンリンミュージアム」2020年4月オープン

 ゼンリンは2020年4月、リバーウォーク北九州14階の「ゼンリン地図の資料館」をリニューアルした「ゼンリンミュージアム」をオープンします。展示面積と展示点数を大幅に拡大し、16~19 世紀に作られた西洋製の日本地図や、伊能図をはじめとする国内製の地図の変遷を紹介します。マップデザインギャラリーとともに、地元・北九州から、地図文化振興の拠点として情報発信します。


施設名称 Map Design GALLERY
所在地 リバーウォーク北九州 1階(北九州市小倉北区室町1-1-1)
営業時間 午前10 時~午後9 時


広告

この記事をシェアする