タレ付け唐揚げをPR 大川木工まつりで無料試食会

「福喜」が開発し、提供している3種類のタレと唐揚げ

 福岡県大川市は、唐揚げをつけダレで食べる独特の食文化をアピールし、新たな観光の目玉にしようと、キャンペーンを始めた。同市で10月8日から始まる「第71回大川木工まつり」の会場で無料の試食会を行うなどして、ファンを増やしたい考えだ。

市民のソウルフード

 市や大川観光協会によると、市内ではこれまで創業59年の「唐揚げ大将」と同30年の「からあげの多なか」の老舗2店が、唐揚げを別添えのタレにつけて食べるメニューを提供してきた。いずれも昆布だしベースのタレで、唐揚げにつけるとすっきりとしてうま味が増す。倉重良一市長も「自宅で自前のタレを作って食べている」といい、市民のソウルフードになっている。

 新型コロナウイルスの影響で飲食・観光業が疲弊する中、国の新たな観光需要喚起策「全国旅行支援」が11日から始まることもあり、市は新たな観光資源として「タレ付け唐揚げ」に着目。老舗の2店以外の飲食店にもメニューの開発を依頼し、新たに9店が提供を始めた。

洋風、黒酢など特色ある味

 9店は、すし、焼き鳥、イタリア料理など様々で、今回、新たに唐揚げをメニューに加えた店もある。和食の「福喜」は、ポン酢ベースの野菜ソースダレなど3種類、イタリア料理の「オステリア ラルバ」はトマトとバジル、チーズが入った洋風ソースダレ、約300年の酢づくりの歴史を誇る「庄分酢」は黒酢などを使った3種類のタレを開発。店ごとに特色ある味が楽しめる。

 木工まつり会場での試食会は、8~10日の正午~午後2時に大川文化センター展示ホールで開かれ、3日間で8店が参加。唐揚げは数量限定で、なくなり次第終了する。

 事業は、大川観光協会が市から300万円の補助を受けて行う。提供店を紹介するガイドマップを市内の公共施設や店舗に置いているほか、11月下旬からは、同協会の公式LINEを通じて、各店舗で使える割引クーポンも配布する予定だ。

「大川木工まつり」8~10日 3年ぶり通常開催


「第71回大川木工まつり」のチラシ


 国内有数の家具産地・大川市で8~10日、「第71回大川木工まつり」が開かれる。同市酒見の大川産業会館をメイン会場に、市内外の業者が製作した約1万点を展示、販売する。

 春と秋の年2回開かれる人気イベントだが、新型コロナウイルスの影響で2020年春は中止、同年と21年の秋はオンライン開催となった。春、秋そろっての通常開催は3年ぶり。

 期間中、恒例の木工体験や、ロボットを内蔵し、「動くソファ」として話題になった「ロボ家具」の体験などがある。今年度の「大川家具スペシャルアドバイザー」に就任した人気グループ「EXILE」のMAKIDAIさんら3人のサイン色紙が抽選で10人に当たるスタンプラリーも開かれる。

 西鉄柳川駅と大川産業会館を結ぶ無料のバスを約20分おきに運行する。また、大川家具をインターネットで購入できる「ネットde大川木工まつり」を23日まで開催している。問い合わせは実行委員会(0944-87-2101)へ。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅