大名小跡の広場がオープン 今田美桜さん「発展が楽しみ」

テープカットを行う今田さん(中央)ら

 福岡市中央区の大名小学校跡地の再開発ビル「福岡大名ガーデンシティ」の広場が1月20日、一足先にオープンし、同市出身の人気俳優・今田美桜さんらがテープカットを行いました。

緑あふれる広場が出現

 広場は建設中のビルと旧大名小校舎の間に位置しています。面積は約3000平方メートルで、ベンチやイベントホールなども整備され、芝生が広がっています。


施設の中央に位置する広場


 広場には、同市の若手人形師・中村弘峰さんが手がけたモニュメント「大名の大狛犬(おおこまいぬ)」、佐賀県の障がい福祉サービス事業所「PICFA(ピクファ)」の本田雅啓さんが描いたアートボードなど福岡や近隣で活動するアーティストの作品を常設しています。モニュメントは子どもがよじ登って遊ぶこともできるそうです。


よじ登って遊べる大狛犬のオブジェ

 広場を見た今田さんは「ここまで大きく変わるとは思っていませんでした。地域とともに発展していくのが楽しみです」と目を輝かせていました。


「緑豊かで魅力的」と広場の印象を話す今田さん


 この日は、大名小出身の尺八奏者・瀧北榮山さんによる演奏も行われました。21、22日は地元食材やグルメなどを堪能できるイベントも開催されます。ビルは4月から一部店舗の営業が始まる予定で、6月頃のグランドオープンを目指しています。



advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅