福岡市地下鉄 空港線・箱崎線に新型車両が登場 来秋から

2023.12.04

新型車両「4000系」のイメージ(提供:福岡市交通局)

 福岡市地下鉄の空港線と箱崎線に、来秋から新型車両「4000系」が導入される。市交通局は「安全性に加え、乗り心地の快適さも重視した」としている。

 同局が11月30日に発表した。車体デザインは、現行の「1000N系」と同じ青いラインを側面に施し、福岡空港をイメージしたスカイブルーも新たに配色した。車内には、ベビーカーを使う保護者や車いす利用者の介助者らが腰掛けられる座席、キャリーケース置き場などを確保したフリースペースを設ける。

 また、乗務員らが車内を常時監視できる防犯カメラ(各車両に4台)を国内の地下鉄で初めて導入するほか、運行中の車両の状態を遠隔で監視できるシステムも取り入れ、乗客の安全確保につなげる。使用電力量を約2割削減できる高効率のモーターなどを使用し、省エネ化を図る。乗車定員は現行並みの850人程度。

 総事業費は約210億円。2027年度までの4年間で、現行車両と順次切り替える計画だ。


advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅