さあ、どこに行けるかな? 緑広がる公園の高台に現れた「ピンクのドア」

福岡県営中央公園の展望台に設置された「ピンクのドア」

 「この扉を開けると、どこへでも行けそう」――。そんな"未来の道具"を思わせるオブジェが置かれた写真スポットが、北九州市小倉北区の福岡県営中央公園に登場して話題になっている。その名は「ピンクのドア」。家族連れやカップルらが扉を開けて、展望台の眼下に広がる景色をバックに写真撮影を楽しんでいる。


期待以上の反響があるという

 漫画「ドラえもん」のひみつ道具から着想を得て今春、桜の時期に合わせて設置。「展望台から見る桜のすばらしさを知ってほしい」という思いからだった。知る人が少ない場所にドアを置けば、注目してもらえるのではないか、とも考えた。反響は予想以上で「ドアはどこで見られるの?」との問い合わせが寄せられているという。


「ピンクのドア」の周辺では子どもたちの歓声が響く

 公園ではドアを広くPRしたり、案内板で知らせたりしていない。担当者は「知る人ぞ知る、謎めいた存在の方がワクワクしませんか?」といたずらっぽく笑う。


高台にある「ピンクのドア」(右上)

 展望台から飛び立つイメージの写真が撮れるのでは――。そんな遊び心から、公園職員が手作りした竹とんぼ形の玩具がドアのそばに置かれ、こちらも親子連れらに好評だ。


竹とんぼのような玩具は子どもに大人気


 SNSで知って北九州市内から家族4人で訪れた父親(29)は「家族で写真を撮りたいと思い、やって来ました。地元にこんな場所ができて面白いですね」と、ドラえもんが大好きな兄弟がドアを何度も行き来する姿を優しいまなざしで見つめた。


展望台からは斜面に立ち並ぶ住宅も見える

 もしこれが本物の「どこでもドア」だったら、自分なら、どこへ行くだろうか? 緑広がる公園で、空想にふけるひとときも楽しかった。



advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅