福岡市がLINEで「とつぜんはじまる避難訓練」 9月1日から6日まで

 福岡市と「LINE Fukuoka」(本社:福岡市)は、LINEの機能を活用した「とつぜんはじまる避難訓練」を実施します。訓練は9月1日(火)から6日(日)の間にあり、訓練開始を知らせる災害発生通知がいつ届くかは分かりません。新型コロナウイルスの感染拡大によって、大勢が一か所に避難する従来型の訓練が困難なこともあり、咄嗟の対応力を確かめることができるオンラインの訓練を行うことになりました。


広告

予告なしで訓練スタート

 訓練期間中の7時~21時の間に一度、福岡市LINE公式アカウントで災害発生の通知が届きます。仕事中、外出中、就寝中などを問わず、訓練は突然始まります。LINEのメッセージに従ってスマートフォンを操作し、約5分の訓練を行えば、災害時にとるべき避難行動を学べるとのことです。


参加登録は9月5日までに

 参加するには、福岡市LINE公式アカウントを「友だち追加」し、「とつぜんはじまる避難訓練」に参加登録します。登録は9月5日(土)の21時まで受け付けています。


緊急時の適切な行動を学んで

 事前に決められた場所に人が集まる避難訓練は、最大1000人規模が限界といいます。オンラインで行うことにより、多くの人が訓練に参加する機会を得られ、防災について考えることができそうです。

 福岡市地域防災課の森山浩一課長は「災害はいつ起こるかわからない。『とつぜんはじまる避難訓練』で、いざというときの適切な行動を学んでもらえれば」と話しています。


広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介