築上町で冬のあられ作り カラフルに心あかるく

 餅菓子のあられ作りが、福岡県築上町の就労支援施設「ワークランド・こすもす」で最盛期を迎えている。


カビが生えないように、あられを手でかき混ぜる

 地元産のもち米に砂糖や塩などを混ぜて機械でついた後、紅こうじや紫芋、クチナシなどを使ってピンク、紫、黄などに着色。長さ約3センチの短冊状に切って板に並べ、室内干しで2週間ほど乾かす。


室内干しされるあられ

 施設では約10年前から、空気が乾燥する冬場に職員や利用者が取り組んでいる。今年は新型コロナウイルスの影響で、作業所に入る人数を制限し、互いの距離を取るなど注意しているという。


飽きのこない懐かしい味がした

 完成したあられは地元の道の駅などで販売される。



advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介