北九州市門司区・風師山から望む関門海峡の大パノラマ

 関門海峡が描くパノラマに思わず息をのんだ。北九州市門司区の風師山(かざしやま)(362メートル)にある三つの峰の一つ、風頭(かざがしら)からの眺望だ。対岸の山口県下関市の市街地や海峡に浮かぶ巌流島が、はっきりと見えた。


風頭山頂に続く道

 同区の菱田哲郎さんは、風師山早朝登山会の会員で、会社員時代にはほぼ毎日、出勤前に登っていたそうだ。菱田さんによると、風頭からは、海峡に向かって正面に玄界灘、右手には周防灘が望め、条件が良ければ、山口県上関町の祝島や大分県の由布岳まで見える。


東には周防灘が広がる

 「周防灘の朝焼け、夕暮れ後の玄界灘に見えるいさり火は美しく、四季折々の情景も見飽きることはありません」と菱田さんは魅力を語る。


山頂のベンチでゆっくり時間が流れる

 岩に座っておにぎりを食べていた下関市の女性は「ここから見ると海峡が巨大な川のよう。ぜいたくなランチですね」と絶景に見入っていた。


風師山にある三つの峰(手前は小倉北区の中心部)



advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介