ごみ出しルールは?休日医療は? 新生活の「困った…」はLINEで解決!

記事 INDEX

  • LINEでお役立ち情報を配信
  • 転居手続きはオンライン予約で
  • 北九州市もSNSで多彩な展開

 「ごみ出しのルールが分からない」「引っ越しの手続きが面倒」――。新生活を始める土地では「知りたいこと」や「困ったこと」がたくさんあるはずです。福岡市では、無料通信アプリ「LINE」で生活情報を発信したり、転入手続きの予約をオンラインで受け付けたりと、様々な取り組みを進めています。知っておくと便利な行政のSNSサービスなどを紹介します。


広告

ごみのことならLINEで!

 福岡市は2017年4月からLINEで生活情報を配信しています。福岡市の公式アカウントを「友だち」に追加すると、震度3以上の地震や津波などの緊急情報、PM2.5の予測、熱中症情報など受け取りたい情報が通知されます。週末のイベント情報、区役所での手続きに必要なものなども確認でき、約165万人が友だちに登録しています。


必要な情報を選んで入手できる福岡市LINE公式アカウント

 住んでいる地域を登録すると、ごみ収集日を知らせてくれる便利な機能もあります。福岡市は「燃えないごみ」「空きびん・ペットボトル」の回収が月に1回しかないので、通知機能をセットしておけば、出し忘れを防ぐことができて重宝します。

 ごみの分類で悩むこともあるでしょう。福岡市のLINEでは、処分したいものの名称を入力すると、分類を教えてくれます。例えば「ティッシュ」や「ビニール袋」と入れると<燃えるごみ>、「スプレー缶」「傘」などは<燃えないごみ>と返信され、「(缶は)中身を空にして出してください」といった注意点も表示されます。


ごみの収集日や分類の方法も知ることができる

 福岡市広報戦略室の立花澄人・広報課長は「多くの情報から自分に必要な情報を選び取ることができるのがポイントです。ぜひ利用して、生活を便利にしてください」と話します。


深夜に行われるごみ収集作業(提供:福岡市)

ごみは夜間に収集
 福岡市内のごみ収集は深夜から未明にかけて民間業者が行います。作業が朝の通勤・通学時間帯に重なって渋滞を招くことも、ごみがカラスに荒らされることもありません。全国でも珍しい夜間収集は市民にも好評で、すっかり定着しています。


広告

予約で待ち時間を短縮

 引っ越しが多い春は、全国各地の役所が転入・転出の手続きをする人で混み合う時期です。福岡市市民局によると、市内では年間約19万人が異動の手続きなどを行います。最も集中するのは3月で、窓口での手続きに2時間ほど待つ日もあるそうです。


窓口を訪れた人で混雑する博多区役所(3月23日撮影)

 窓口の混雑を少しでも緩和しようと、福岡市は2020年1月から市内7区役所で「引越し手続きのオンライン予約サービス」を始めました。予約は手続きを行う日の1週間前まで。窓口では予約優先で対応してもらえ、待ち時間が大幅に短縮できます。さらに、予約時に氏名、住所、生年月日が登録され、それらの情報をあらかじめ印字した書類が準備されるため、「書類に何度も同じ内容を書かなくてすむ」と好評なのだそうです。


「引越し手続きオンライン予約サービス」のトップページ

<オンライン予約できる手続き>
住民異動届、小中学校の転入学、子ども医療費助成、児童手当、国民健康保険、介護保険の要介護認定の引き継ぎ

 サービス開始から約2か月で、1200件以上の予約があったそう。混雑する窓口での待ち時間を短くできれば、イライラが解消されるばかりでなく、今は新型コロナウイルスの感染防止にも役立ちそうです。


広告

北九州市もSNSを強化

 北九州市もLINEを活用した情報発信を2018年9月から行っています。メニューから市のホームページに誘導する仕組みで、「子育て情報サイト」や「夜間/休日の救急医療」などのページに移動します。トーク画面で市内7区の名称を入力すると、避難情報や開設されている避難所を確認できるほか、小学校名を入れると校区のハザードマップが確認できるなど防災にも役立ちます。


生活情報や防災情報を確認できる北九州市LINE公式アカウント

 また、SNSの公式アカウントで市政情報や市の魅力を発信しています。アカウント名はいずれも「好きっちゃ北九州」で、TwitterFacebookでは緊急情報やイベント情報を発信。Instagramでは市民が撮影した北九州の写真を再投稿して、街の様々な"表情"を紹介しています。


instagramの投稿一覧

 北九州市の担当者は「TwitterやFacebookで市の最新情報を発信し、Instagramは市民も参加できます。旬の情報をキャッチしたり、すてきな市内の風景を撮ったりして利用してほしい」と呼びかけています。


広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく