農福連携の観光農園が大川に誕生! バーベキューも提供

 季節のフルーツ狩りやバーベキューなどが楽しめる観光農園「大川温泉南国ファーム」が11月23日、福岡県大川市上白垣に開園した。


開園を祝ってステージで披露されたフラダンス

 同市の「九銘ハウジング」(佐藤操社長)が温泉施設の隣地約7000平方メートルを開発し、市内で障害者の就労支援を行う「美樹」が運営する。園内ではバナナやピタンガなどの南国フルーツを育て、収穫時期になれば果物狩りが楽しめる。イベント広場のステージでは、音楽演奏や舞踊などを披露できる。

 この日は記念式典が開かれ、佐藤社長は「夢だった農業と福祉、健康をテーマにした観光農園をオープンできた。みなさんの協力のおかげです」と農福連携をアピール。ステージではフラダンスなどが披露され、新たな観光スポットの誕生を祝った。

 バーベキューの料金(税込み)は中学生以上3800円、小学生1900円。バナナの葉などを使った健康茶も販売する。問い合わせは、同園(080-3904-7059)へ。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅