ブルーボトルコーヒーが2月に九州初出店 福岡市・天神

 ブルーボトルコーヒージャパン(東京)は12月7日、九州初の常設店「ブルーボトルコーヒー 福岡天神カフェ」を、福岡市・天神の警固神社境内に2024年2月9日にオープンすると発表した。

警固神社境内に


「ブルーボトルコーヒー 福岡天神カフェ」の外観イメージ(画像はいずれもブルーボトルコーヒージャパン提供)

 社務所ビルの1階に設ける。境内には今年3、6月、期間限定のコーヒートラックで出店しており、「行列ができ、コーヒーもグッズ販売も好調だった」(広報担当者)という。

 注文後に1杯ずついれるドリップコーヒー(税込み594円から)は、焙煎(ばいせん)や味わいが異なる3種類の定番ブレンドや季節限定品を日替わりで提供。デカフェのコーヒー、エスプレッソも用意する。レモネードなどのドリンクや、「リエージュ ワッフル」(641円)などのフードメニューもそろえる。


ドリップコーヒー(左)や「リエージュ ワッフル」を用意

伝統と現代が交差

 伝統と現代が交差する「Crossing」をテーマとした店づくりで、内装は福岡・東京を拠点とするデザイナーが担当。店内で扱うカップと皿は、鹿児島の陶器ブランド「ONE KILN(ワンキルン)」製のものに統一する。


内観イメージ

 また、オープンから6月までの期間限定で、福岡のアーティスト・KYNE(キネ)さんの描き下ろしアートを展示する予定。

 ブルーボトルコーヒーは2002年に米カリフォルニア州で創業。米国・アジアでカフェを100店以上、日本では東京を中心に関東、関西で23店を展開している。

店舗概要



店名 ブルーボトルコーヒー 福岡天神カフェ
オープン日 2024年2月9日(金)
所在地 福岡市中央区天神2-2-20 警固神社境内
営業時間 8:00~20:00
店舗面積 335.55m²
席数 店内:73席、屋外:18席

advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅