本好きのためのホテルが福岡市・大名に2021年末オープン

新しいホテルのエントランスのイメージ(画像はすべて九電不動産提供)

記事 INDEX

  • 本の世界を旅するホテル
  • 24時間営業の書店とカフェ
  • 「普段とは違う体験を!」

 福岡市の大名地区に2021年12月、書店とカフェを併設したホテル「ランプライトブックスホテル福岡」がオープンします。3000~5000冊の本をそろえ、客室の照明を読書に最適な明るさに調整できるなど、本の世界に浸れる施設になる予定です。

本の世界を旅するホテル

 九州電力グループの九電不動産(福岡市)が経営主体となり、全国でホテルを展開する「ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ」(東京)が運営します。


「ランプライトブックスホテル福岡」の完成イメージ

 九電不動産は戸建て住宅やマンションの分譲・賃貸などを手がけていますが、ホテル事業は初めてとのこと。「ランプライトブックスホテル」は、「本の世界を旅するホテル。」をコンセプトとし、福岡は名古屋、札幌に続いて国内3か所目となります。


advertisement

24時間営業の書店とカフェ

 ホテルは、福岡市地下鉄空港線の天神駅から徒歩8分、赤坂駅からは7分の場所に建設。地上8階建てで、客室は「オール電化」の全104室です。


24時間営業の書店とカフェを併設する

 1階の書店とカフェは24時間営業。雑誌や小説を中心に取りそろえる予定で、気になる本を客室に持ち込んで楽しむこともできます。部屋の照明は本が読みやすいように、それぞれの好みに合う明るさに調整できるそうです。


部屋の照明は宿泊者の好みで調整できる

 読書好きがゆっくり過ごせそうな新ホテル。九電不動産の担当者は「普段出会わない本に触れたり、いつもと違う空間で気分転換したり、本を通して様々な楽しみ方ができるホテルを目指したい」と話しています。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介