ホークス選手らが野球の基本を動画で指南 「おうちで工藤塾」が好評

 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスは、監督や選手らが野球の基本を指導する動画「おうちで工藤塾」をYouTubeの公式チャンネルで公開しています。新型コロナウイルスの影響が広がる中、外出自粛で自宅にこもっている人やシーズン開幕を待ちわびるファンのために企画しました。工藤公康監督も登場し、ポイントを身振り手振りで熱く指導してくれます。


広告

まず「投手編」から

 「おうちで工藤塾」は、自宅で楽しめる様々なコンテンツを発信するプロジェクト「おうちでサァイコー!」の1コーナーで、選手らが出演してプレーのコツや自宅でできるトレーニング方法を伝授します。YouTubeのコメント欄には「わかりやすい」「応援しています」といった反応が寄せられています。

 初回は和田毅投手がボールの握り方を教え、「生卵を持つ力加減で握ってください」とアドバイスしました。動画の終盤には工藤監督も登場し、キレのある球を投げるための指の位置、その理由を丁寧に解説しています。


 現在公開されている野球指南の動画は、3月に撮影した「投げる編」の3本のみですが、選手の練習が再開されれば、打撃や捕球などを追加していく予定だそうです。球団広報は「シーズン開幕を楽しみにしているファンだけでなく、子どもたちが野球に興味を持つきっかけになればうれしい」と話しています。


広告

「おうちでスタ飯」も!

 「おうちでサァイコー!」には、この「工藤塾」のほかにも様々な企画が用意されています。「おうちでスタ飯」のコーナーでは、福岡Pay Payドームで販売される「選手グルメ」のレシピを紹介しています。


 調理の動画が公開されているのは「高橋礼投手の高橋礼麺」「千賀投手のヒット無シゴレン」など。気分転換にキッチンに立ち、開幕へ気持ちを高めていくのもいいかもしれません。


広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく