暖かで地球にやさしいカラフル靴下 六本松の専門店「ハウズザット」ヘ行ってみた

 夏の陽射しも和らぎ、日に日に涼しくなっていく季節です。足元から暖かくなるカラフルな靴下の専門店があると聞き、福岡市中央区六本松へ取材に行ってきました。


広告

アパートの2階にある靴下専門店

 目的の店 「How’s That(ハウズザット)」は、細い路地に面した趣のあるアパートの2階にありました。


アパートの階段を上ると店舗がある

 店を営んでいるのは、綾部舜さんと光里さん夫妻。靴下の生産量日本一を誇る奈良県広陵町の出身で、幼いころから編み機の音を聞いて育ったそうです。温かみあふれる店内には、色とりどりの靴下がずらりと並んでいます。


温もりが伝わってくる店内

 模様が異なる様々な種類の靴下があり、それぞれにユニークな名前がついています。「山は優しく燃えゆ」「あの日のサーファー」「秋のハイキング」――。できあがった靴下の配色を見ながら、2人で名前を決めるのだそうです。複雑な色合いをピタリと表す言葉を眺めていると、どの靴下を買おうかと選ぶのが楽しくなってきます。


ユニークな名前がつけられた商品


広告

"もったいない"が生んだブランド

 「靴下の注文を受ける工場では大量の糸が必ず残ります。本来は廃棄するのですが、それらを7〜8種類ずつ組み合わせ、小ロットで編むことにしました」。日本のアパレル業界で廃棄される量は年間100万トンにもなるそう。ものづくりの現場を知る2人だからこそ、産業廃棄物の多さに胸を痛めてきたといいます。


店を営む綾部さん夫妻

 残糸を用いる独自の製法で、自由度の高い生産を可能にするため、職人と共同で自前の工場をつくったという舜さん。生産は残糸が途切れた時点で終わるので、左右そろわず奇数枚になる製品もあります。店では「1足」だけでなく「1枚」での購入にも対応し、より遊び心のある組み合わせを楽しむことができます。


乳児用の靴下も「1枚」から販売している

 適度な厚みがクッションとなり、疲れにくいと評判のHow’s Thatの靴下。コットン素材で通気性に優れ、ムレも気になりません。大量生産ではなく、ゆっくりと時間をかけて編み上げるので、糸にかかる摩擦が少なく、触り心地もしなやかです。


広告

作るだけではなく、伝えたい

 育ってきた奈良を出てみて、靴下の製法が知られていないことに驚いたという綾部さん夫妻。「新しい製品を作りたいというより、知ってもらえたらという気持ちがあります。福岡は住みやすく、空気がよい所。僕たちにとっては当たりまえのことも、新鮮に受け止めてくれる」と、この地に出店した理由を話してくれました。


「How’s That」のブランドで販売する靴下

 製造過程で出る端材で座布団やコースターなどを作るワークショップも開き、福岡市内の学校に講師として招かれることも。「一緒に手を動かしながら、奈良の靴下文化と環境問題に目を向けてもらう機会になれば」と、出張依頼も受け付けています。


店の目印となっている看板


店舗名 How's That(ハウズザット)
住所 福岡市中央区六本松1-4-11 MM202
営業時間 11:00〜18:00(不定休)
公式サイト How’s That


広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介