花畑のように鮮やか! 福岡市・大名「ジェイティード」のアートスムージーが話題

 福岡市中央区大名にあるアートスムージーの店「JTRRD FUKUOKA(ジェイティード福岡)」が話題です。繊細な模様とカットフルーツに彩られたスムージーは写真に映えること間違いなし。10月31日までハロウィーン限定メニューも用意しています。

心と体にやさしいアート

 ジェイティード福岡は2020年6月、福岡市・天神にほど近い大名エリアにオープンしました。本店は大阪市にあり、国内外に約10店を展開しています。


店は福岡市の大名エリアにある

 「心と体の美をつくるフードアート」を掲げ、「映えるスムージー」としてSNSで人気です。取材で訪れた際も、平日ながら開店直後から客が次々にやって来て「すごい!」「かわいい」と歓声を上げながら、スマートフォンで撮影していました。


advertisement

スゴ技がうむ小さな芸術

 アートスムージーをつくる様子を見学させてもらいました。まず、グラスの内側にカットフルーツを貼り、ヨーグルト、バジルシード、スムージーを注ぎます。


異なる色のスムージーで表面の模様を描く

 続いて、スムージーに浮かぶ模様をつくる作業です。色が異なるスムージーや練乳を表面に落とし、ピックと呼ばれる棒状の道具を使って、模様に切れ目を入れたり広げたりしながら、形を整えていきます。


細い棒状のピックで模様を整える

 見事な手際で、5分ほどで完成しました。鮮やかな色合いですが、着色料は使用していません。花びらやモミジの葉など模様は4種類あり、価格は税込み990円です。


完成したアートスムージー

 「時間との勝負で、素早く丁寧に仕上げないといけません」とマネージャーの安田映子さん。自身はオープン前に、1000回以上の練習を重ねたそうです。店全体のレベルをさらに上げるため、スタッフの研修に力を入れているとのことです。


advertisement

ハロウィーン限定も登場

 ハロウィーン限定で、カボチャを使ったメニューを10月31日まで提供しています。

 スムージーにクッキーをかぶせ、その上にカボチャのペーストと生クリームなどで作ったドーム型のスイーツをのせます。チョコレートでできた目と口を付ければ、ハロウィーンの象徴「ジャック・オ・ランタン」の完成です。


ハロウィーン限定のスムージー


 限定品は税込み1650円。ハロウィーンの雰囲気を楽しみながら、カボチャと生クリームの濃厚な甘みを堪能できます。


若者らに人気のジェイティード福岡


店名 JTRRD FUKUOKA
所在地 福岡市中央区大名1-3-5 ARK CUBEⅡ 1F
営業時間 11:00~19:00
休業日 月曜日

advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介