東福岡が24年連続の花園へ 全国高校ラグビー県予選決勝

 第103回全国高校ラグビー大会県予選の決勝が11月11日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、昨年の全国大会を制した東福岡が62―3で筑紫を破り、24年連続34回目の優勝を果たした。東福岡は、12月27日から大阪府東大阪市の花園ラグビー場などで開かれる全国大会に出場する。


ボールを持って攻め込む東福岡の選手

 決勝は昨年と同じ顔合わせとなった。東福岡は前半7分、西浦岳優選手(3年)がトライを決め、その後も4トライを奪うなどして前半を33―3で折り返した。後半も5トライの猛攻で圧倒した。筑紫は前半にペナルティーゴールで先制したが、東福岡の厳しいディフェンスの前にトライを取れなかった。


県予選で優勝した東福岡の選手ら

 試合後、東福岡の高比良恭介主将(3年)は「練習の成果を発揮して優勝できてうれしい。日本一になるために練習してきて、ようやくスタートラインに立てた。全国大会では自分たちのラグビーをして2連覇につなげたい」と意気込んだ。

▽決勝
東福岡 62―3 筑紫
(前半 33―3、後半 29―0)


advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅