小倉昭和館がプレオープン 12月8、9日に無料上映会

 北九州市小倉北区の旦過(たんが)市場一帯で2022年8月に起きた大規模火災で焼失し、12月に営業を再開する老舗映画館「小倉昭和館」は同8、9日にプレオープンイベントを開催し、映画の無料上映会を実施する。11月30日まで参加者を募集している。

11月30日まで参加者募集


無料上映会のチラシ(提供:小倉昭和館)


 昭和館の再建に向けては、クラウドファンディング(CF)で約4000万円の寄付が集まるなど、市民らから多くの支援を受けた。イベントは支援や応援への感謝を伝えようと企画。12月8日はオープニング式典を行い、テープカットをして来館者と新館の完成を祝う。


 無料上映会の作品は両日とも、「ニュー・シネマ・パラダイス」を予定。定員は各日100人で、申し込みは昭和館ホームページの応募フォームのほか、はがき(〒802-0006 北九州市小倉北区魚町3-3-20 中屋ビル1階内 小倉昭和館)やメールで受け付けている。応募は1人1回限りで、多数の場合は抽選とする。

本格オープンは12月19日

 20日を予定していた本格オープンは1日前倒しして19日とする。樋口智巳館主は「多くの支援や応援のおかげで再建できた映画館を見てもらい、一緒にゼロから新たな歴史を作っていきたい」と話している。

 問い合わせは小倉昭和館(093-600-2923)へ。


advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅