映画の街を巡るお供に! 北九州市が「ロケ地ガイド」を発行

「北九州市ロケ地ガイド」の表紙(左、KFC提供)と市内のロケ地

 映画などのロケ誘致や撮影支援に力を入れている北九州市が、市内のロケ地巡りに役立つ小冊子「北九州市ロケ地ガイド」を発行しました。市内の各区役所や市民センター、JR主要駅などで配布しています。

ロケ誘致で市の魅力発信

 北九州市は30年以上にわたってフィルム・コミッション事業に取り組み、映画やドラマなどのロケを通じて市の魅力を発信してきました。

 事業の中核を担う「北九州フィルム・コミッション」(KFC)が支援した作品は、映画『あなたへ』や『図書館戦争』、ドラマ『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』など多数で、CMやプロモーションビデオなどを含む撮影実績は700本を超えています。


映画『カラダ探し』で、主人公が海辺で遊ぶシーンの撮影風景(KFC提供)


 北九州市オールロケの映画『カラダ探し』では、主人公が浜辺で遊んだ岩屋海水浴場(若松区)、魚町銀天街(小倉北区)のダーツバー、門司港レトロ(門司区)のフルーツ専門店など市内のあちこちが登場。ドラマ『相棒』シリーズの劇場版第4作では、小文字通り(小倉北区)を封鎖してエキストラ3000人の大規模ロケが行われました。


16ページに情報を満載!

 ガイドは携行しやすいA5サイズ、16ページ。フィルム・コミッション事業の歴史や映画の街・北九州について多くの人に知ってもらおうと、1万部を発行しました。

 『カラダ探し』『相棒』など各作品に登場する市内のロケ地を、撮影時のエピソードとともに紹介。KFCが支援した主な作品の概要やタイトルも掲載しています。

KFCが支援した映画とドラマの一例 (かっこ内はロケ年度)
 ▶海猿(2003)▶ALWAYS 三丁目の夕日(05)▶デスノート(05)▶東京タワー(06)▶おっぱいバレー(08)▶とんび(11)▶あなたへ(11)▶共喰い(12)▶図書館戦争(12)▶黒執事(13)▶MOZU(13)▶相棒-劇場版Ⅳ(16)▶劇場版 仮面ライダービルド(18)▶仮面病棟(19)▶カラダ探し(21)▶逃げきれた夢(21)


映画『おっぱいバレー』のロケが行われた筑豊電鉄の萩原電停(KFC提供)


 北九州ゆかりの映画関係者のコメントも盛り込み、北九州市オールロケ作品『逃げきれた夢』で監督・脚本を手がけた二ノ宮隆太郎さんや、主演を務めた同市出身の俳優・光石研さんらがメッセージを寄せています。


北九州市内の食堂も映画『逃げきれた夢』のロケ地の一つに(KFC提供)


 ほかにも、昭和レトロの風情が漂う喫茶店のナポリタンなどロケ地に関係するグルメ、12月13~17日に開催される北九州国際映画祭の情報を紹介しています。


 KFC事務局は「身近な場所がロケ地になっていることを知ってもらい、『映画の街 北九州』の盛り上がりにつながれば」としています。ガイドは小冊子のみで、ウェブ版などはありません。問い合わせは、事務局の市文化企画課(093-582-2389)へ。



advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅