コスタコーヒーが福岡空港に12月1日オープン 九州初

 外食大手のロイヤルホールディングス(HD)などは、福岡空港(福岡市)の国際線ターミナルビルに、英国発祥のコーヒーブランド「コスタコーヒー」の店舗をオープンすると発表した。九州初出店で、コロナ禍からの経済回復で増加する訪日客らの利用を見込む。12月1日に営業を始める。

英国発祥の人気ブランド


福岡空港にオープンするコスタコーヒーのイメージ(提供:ロイヤルHD)

 ターミナルビル3階に広さ約70平方メートルの店舗を整備して24席を設け、エスプレッソにミルクを注いだ「フラットホワイト」などを販売する。

 コスタコーヒーは1971年に英ロンドンで創業して45か国で店舗を展開しており、欧州で知名度がある。国内ではロイヤルHDと双日が合弁で運営会社をつくり、8月に東京都内に1号店を設けた。福岡の店舗は国内4店目となる。


advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅