キャナルシティ「ラフェスタ」が12月1日に改装オープン

 大型複合施設・キャナルシティ博多(福岡市博多区)の物販・飲食ゾーン「ラフェスタ」が12月1日、改装オープンする。ラフェスタを含む「キャナルシティオーパ」を運営するOPA(千葉市)によると、コロナ禍が一服する中、韓国をはじめとする訪日観光客の利用が増えており、改装でさらに集客力を高めたい考えだ。

18店が新規・改装オープン


改装オープンするラフェスタのイメージ(画像はいずれもOPA提供)

 キャナルシティオーパは、キャナルのセンターウォーク地下1階~地上3階の約90店で構成。今回、地下1階のラフェスタの16店をはじめ、全体で18店が12月中旬頃にかけて新規・改装オープンし、一部店舗は営業を始めている。

福岡発グルメが登場

 ラフェスタでの新規は8店。今回は「"博多カルチャー"の拠点」をテーマに内装を刷新し、食品関連6店のうち、ティーカフェの「ゴンチャ」(12月15日開業)をのぞく5店が、地元・福岡発祥のブランドだ。


MASAJIRO BURGER(マサジロウバーガー)(12月1日開業)

福岡を代表するグルメバーガー。パン職人が丁寧に手ごねで作る金のバンズと、パティの肉汁に絡むオリジナルの金のハニマヨソースが特徴。


Strawberry Tiger(ストロベリータイガー)(同)

 イチゴ「あまおう」の加工のプロ「伊都きんぐ」が手がける新ブランド。かわいいトラのキャラクターわたアメなどが楽しめる。


博多の味 やまや(12月8日)

やまやの辛子明太子や九州の特産品がそろう。


糸島ファームハウス UOVO(ウォーヴォ)(12月15日)

糸島のブランド卵「天上卵」を使用したフードやスイーツを提供。


DANNY CHURROS(ダニーチュロス)(12月中旬以降)

グルテンフリー100%の米粉チュロス専門店。希望する文字や型を表現し、「推し」などの需要に応える特製チュロスの注文も受け付ける。

 このほか、韓国人客らにアニメやキャラクターグッズの人気が高まっていることを受け、キャラクター服飾雑貨「キャラトラステーション」、雑貨・推し活グッズ「myroom.(マイルーム)」がすでに登場している。

アクセサリー店などが改装

 改装の8店は、アクセサリーの「THE KISS +」(12月8日開店)、キャラクター雑貨の「OPA STUDIO」(同)など。

 オーパのほかのフロアでは、3階にシューズの「ABC-MART GRAND STAGE(エービーシーマート グランドステージ)」が11月に改装オープンし、2階に服飾雑貨の「ruinas(ルイナス)」が12月1日に新規開店する。

フェアも開催

 改装に合わせ、12月1~10日にオープニングフェアを開催する。店舗によって一部商品の割引や、購入客へのプレゼントを用意。詳細は公式サイトで紹介している。


advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅