福岡市動物園に待望のゾウが来園へ! 来年3月末にも

 福岡市動物園は12月2日、ミャンマーからのアジアゾウの受け入れについて、早ければ来年3月末にも雄と雌の計4頭が来園すると発表した。同国の不安定な治安情勢などの影響で当初の予定より遅れていた。同園がゾウを飼育するのは約6年半ぶりとなる。


記者会見で、来園が決まったアジアゾウを紹介する高島市長


ミャンマーから4頭


 発表によると、受け入れが決まったのは14歳の雄1頭と、22歳と3歳の母子、12歳の雌3頭。現在は同市の姉妹都市・ヤンゴンのゾウキャンプと呼ばれる施設で暮らしており、現地の飼育担当者3人と共に来園する。

 市動物園では2017年9月に雌の「はな子」が死んだ後、ゾウが不在になったため、市は19年に同国と4頭を受け入れることで合意。当初の計画では22年春の来園を予定していたが、新型コロナウイルス禍と21年に同国で発生した軍事クーデターなどの影響で難航していた。

 今回の受け入れでは繁殖に取り組むことが条件で、同園ではこれまでで最多の4頭での飼育となるため、約20億円かけてゾウ舎の改修や新築を進め、従来の約3倍の広さの放し飼い場などを新たに整備した。来園直後からゾウ舎などでの様子を見られるようにするといい、園は4頭の名前を一般公募する。

 高島宗一郎市長は2日の記者会見で「はな子が死んで寂しい状況が続いていた。来春からは群れで暮らす姿を見られるのを楽しみにしてほしい」と話した。


advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅