九州国立博物館のレストランが12月7日に再オープン!

<関連の新着記事はこちら>
九州国立博物館に「足湯茶屋」2月6日オープン 太宰府市
(2024/2/1公開)

 九州国立博物館(太宰府市)は閉店していた施設内のレストランを改装し、12月7日にオープンすると発表した。店名は「太宰府いい乃じ」で、和食メニューを中心に提供する。


店内のテーブル席(サイトより)


 店内は和モダンの内装に刷新した。メニューは九州産黒毛和牛を使ったすき焼き(税込み3000円)や、ウナギの石焼ひつまぶし(同2700円)、八女抹茶の升ティラミス(同750円)などをそろえる。


すき焼きやひつまぶしなどのメニュー(サイトより)

 旧レストランは博物館に隣接し、ホテルニューオータニ博多の直営「グリーンハウス」が運営していた。コロナ禍で博物館が休館になるなど来館者の激減で営業再開が困難となり、2020年12月末に閉店した。

 その後、空き店舗となっていたが、22年度に事業者を募集し、名古屋市の日本庭園「徳川園」や横浜市の山下公園などで飲食店を展開しているゼットン(名古屋市)に決まった。


九州国立博物館の外観

 レストラン隣接のテラスでは、「足湯茶屋」も2月にオープンする予定で、利用客が足湯につかりながら一休みできる。


advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅