「もはや家族の一員です」 納屋の天井につるされた傘の上でツバメが今年も子育て中

天井一面に傘が取り付けられた納屋と、子育てするツバメ

 福岡県糸島市の農業・大江正昭さん(78)宅にある納屋の天井に、30本近くのカラフルな傘が逆さにつるされ、その上の巣でツバメのつがいが子育てをしている。。


傘の上で羽を休めるツバメ

 高祖山の麓にある大江さんの納屋では、大江さんが生まれる前から、ツバメが巣を作りにやって来てヒナを育てているという。


ツバメの子育てを見守る大江さん

 ヒナの落下を防ぐとともに、納屋の床にフンが落ちないよう、大江さんは傘を利用。現在は40組あまりが子育ての最中で、元気な鳴き声が山里に響いている。


のどかな田園風景が広がる高祖山の麓

 人を警戒する野鳥が多い中、ツバメは人の近くで子を育て、カラスや蛇などの外敵を近づけないようにする習性を持つそうだ。「農作物の害虫を餌にするツバメだから大切にしろ」と言われて育ったという大江さん。「まさに共存共栄ですね」


納屋の近くで元気に飛び交うツバメ

 ツバメは3月から8月頃までの間、2回ほどヒナを育てる。1回あたり4、5羽を育て、大江さん宅から南方へ飛び立つツバメは、毎年300羽ほどになるという。


「無事に育ってほしい」と大江さん

 「納屋で毎年子育てをしているので、もはや家族の一員ですね」と、大江さんはツバメの親子に優しいまなざしを送っている。


ヒナに餌を与える親鳥



advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅