小倉をあつく盛り上げろ! 北九州市街5施設で「旨辛めしバトル」開催中

「小倉旨辛めしバトル」のポスター(画像はいずれもJR小倉シティ提供)


記事 INDEX

  • 「あそびに行こう」
  • 各施設イチオシは
  • 第2弾にも期待!

 北九州市のJR小倉駅周辺にある五つの商業施設がタッグを組んで、「小倉旨辛(うまから)めしバトル」を開催しています。8月28日までの期間中、自慢の「おいしくて辛い」メニューで競い合い、小倉の街をあつく盛り上げます。

「あそびに行こう」

 参加施設は、▽アミュプラザ小倉▽小倉井筒屋▽リバーウォーク北九州▽チャチャタウン小倉▽ビエラ小倉。セールの時期に合同ポスターを制作するなどしたことはありますが、飲食関連で連携するキャンペーンは今回初めて企画しました。

 それぞれの施設に入る飲食・食品の計53店が提供する旨辛メニューを特設サイトで紹介しています。


特設サイトで紹介しているメニューの一例

 キャンペーンを企画したのは、アミュプラザ小倉を運営するJR小倉シティの広報担当・大田裕俊さん。アミュはJR小倉駅ビル内にありますが、「コロナ禍で駅の乗降客も減り、外で楽しむこと自体にブレーキがかかっているのを目の当たりにしてきました」といいます。

 今年、各地で祭りなどが再開される中、「小倉に楽しんで来てもらえる仕掛けづくりを、みんなでできないか」と考えました。各施設の広報担当者らとは、普段から定期的に情報交換をするなど連携をとっているそうで、今回の企画が実現しました。

 キャンペーンのテーマは「小倉のまちに、あそびに行こう」。大田さんらの思いがギュッと込められています。


advertisement

各施設イチオシは

 キャンペーン対象メニューを食べた人は、各店舗で応募用紙がもらえます。氏名や住所など必要事項を書いて、各施設に設置された応募箱に投函(かん)すると、抽選で各施設20人(計100人)に、その施設で使える買い物券(1000円分)が当たります。

 各施設がイチオシするメニューは次の5品。特設サイトには他にも魅力的なメニューが掲載されており、サイトで好みの一品を見つけるのも楽しそうです。各施設の1位に輝いた店舗は、9月上旬に発表される予定です。


■ アミュプラザ小倉「とりかわ竹乃屋」

ぐるぐるとりかわ ホットチリ味
1本154円


■ 小倉井筒屋「すてーき物語 」

旨辛はらみステーキ弁当
1350円


■ リバーウォーク北九州「石焼ビビンバ専門店 アンニョン」

あんにょん旨辛冷麺
759円


■ チャチャタウン小倉「BORIAN SOUL CHICKEN」

甘辛ヤンニョン チキンプレート
880円


■ ビエラ小倉「スパゲッティーのパンチョ」

スパイシー旨辛ナポ
820円

第2弾にも期待!

 キャンペーンは、新型コロナウイルスの第7波が広がる中で始まりましたが、各施設は「感染拡大防止策を講じており、安心して利用してほしい」と呼びかけています。

 参加施設の一つ、小倉井筒屋の広報担当・松田享子さんは「みんなで地域を盛り上げる小倉らしい取り組み。激辛ブームでもあり、夏にピッタリな旨辛メニューを食べ比べに、小倉に来てほしい」と話しています。

 「特に厳しい今年の暑さを辛い料理で吹き飛ばしてもらえれば」と大田さん。「今回は、街に来ていただくための楽しいイベントの第1弾。連携を深め、第2弾なども考えたいです」と、これからも一体となって小倉を盛り上げていく考えです。

※新型コロナウイルスの新規感染者数が高水準で推移しています。外出の際には感染防止対策の基本を改めて徹底しましょう。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅