カルビーと福岡農業高がコラボ 太宰府の梅で「合格する梅(ばい)」

ポテトチップス合格する梅 梅味(提供:カルビー)

記事 INDEX

  • 福岡農業高校「梅研究班」
  • 梅本来の味で勝負
  • メッセージを書き込んで受験生を応援

 カルビーは、福岡県立福岡農業高校(福岡県太宰府市)と共同開発した厚切りポテトチップス「ポテトチップス合格する梅(ばい) 梅味」を九州エリアなどで限定販売しています。学問の神様・菅原道真公をまつる太宰府天満宮のお膝元で収穫された梅を使い、受験生を応援しています。


広告

福岡農業高校「梅研究班」

 福岡農業高校では2009年、太宰府市特産の梅を使った商品の開発に取り組む「梅研究班」が発足。太宰府天満宮の参道で販売される「梅サイダー」のほか、梅ドレッシングや梅ジャムなどのオリジナル商品を開発してきました。

あわせて読みたい:コロナ休校明け初活動が梅の収穫 福岡農業高校の梅研究班がガチすぎる

 カルビーとは2013年度から「ポテトチップス合格する梅」シリーズを共同開発。今回でコラボは8回になりました。


商品開発に参加した生徒たち(提供:カルビー)


広告

「梅本来の味」で勝負

 今回の商品開発は新型コロナウイルスの影響で難航し、ほぼすべての打ち合わせがオンラインになりました。生徒は味の調整はもちろん、商品のコンセプトやキャッチコピー、パッケージデザインも担当しました。

 原材料の梅は生徒たちが自ら収穫し、梅粉末に加工しました。パッケージは受験生応援のコンセプトを強調するため「合格する梅」の文字を大きくレイアウト。受験生へのメッセージが書き込めるスペースもつけました。


メッセージスペースのデザイン(提供:カルビー)

 気になる味について、カルビーは「素材をいかした梅本来の味」を強調。過去には「梅明太マヨ味」「梅肉みそ味」「梅キムチ味」など、梅風味にあう素材をミックスした商品を開発してきましたが、今回は生徒が「地元の梅のおいしさをシンプルに伝えたい」と提案。8回目のコラボにして初めて"直球勝負"の味になりました。

 カルビー広報は「太宰府市産の梅を100%使い、梅本来の旨みとさっぱりとした酸味が楽しめる商品です。生徒たちとカルビーが一丸となった自信作。受験勉強を乗り越える力添えができれば」と紹介しています。

 福岡農業高校の梅研究班メンバーは「受験生には勉強の合間に食べてもらって力をつけてもらいたいです。受験生を応援したい人は、裏面のメッセージ欄をぜひ使ってみてください」と話しています。学校によると、売り上げの一部は太宰府市に寄付するそうです。


商品名 ポテトチップス合格する梅 梅味
内容量 58グラム
想定価格 税込み130円前後
販売日程 2020年12月14日〜2021年2月下旬
※売り切れ次第終了
販売エリア 九州・沖縄、中国、四国エリア
※コンビニエンスストアでの取り扱いはない

広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介