道路沿いに生命の花 小倉の中心部でクマゼミが羽化する瞬間に遭遇

 午後9時。北九州市小倉北区の中心部。道路沿いのツツジの茂みで、セミが羽化する様子を写真に収めることができた。



 土色の幼虫から、透き通った羽をまとう淡い緑色の成虫が約2時間かけて現れた。一輪のかれんな花が咲いたようだ。



 市立いのちのたび博物館(北九州市八幡東区)によると、クマゼミのオス。卵は木の枝や樹皮に産み付けられ、かえった幼虫は土に潜って4年前後を過ごす。夏の夜、羽化して成虫になってから、わずか数週間のいのちを生きるという。



 羽化を間近に見たことで、これまでうるさいと思っていたセミの音が、いのちの賛歌にさえ聞こえるようになったから不思議だ。



advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介