北九州で5年連続開催 TGC北九州に1万2800人が熱狂

 国内最大級のファッションショー「TGC KITAKYUSHU 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION」(TGC北九州2019)が5日、北九州市小倉北区の西日本総合展示場新館で開かれました。桐谷美玲さんや中条あやみさんらが出演し、約1万2800人が来場しました。(文・動画:山根秀太、写真:大野博昭)


広告

北九州は地方都市で最多の5年連続開催

 北九州市での開催は、地方都市では最多となる5年連続となりました。テレビやファッション誌で活躍する藤田ニコルさん、池田美優さん、新川優愛さん、宮脇咲良さん(IZ*ONE)らが出演。最新ファッションを身にまとったモデルたちがランウェーを歩くたびに、会場は大きな歓声に包まれました。



 東京ガールズコレクションは、2005年から開催している史上最大級のファッションフェスタです。2009年からは「地域産業活性化プロジェクト」として地方都市でのTGCを実施。これまでに北九州のほか、広島、富山、静岡、熊本で開催しています。


広告

5周年のテーマはCelebration

 主催者によると、TGC 北九州の記念すべき5周年のテーマは「Celebration(セレブレーション)」。平成の時代を経て、華やかな文化都市へと進化を続ける令和の北九州を象徴するガールズカルチャーの祝賀祭になるよう思いを込めたといいます。

新川優愛さんは地元学生制作とのコラボ



 北九州市と東筑紫短期大学の学生がコラボレーションしたステージに登場した新川優愛さんは、学生がデザインしたドレスに身を包んで登場しました。ドレスは地球をテーマにした「クリスタルブルー」。リサイクルしたペットボトルで羽を表現しました。14人の学生が5チームに分かれ、4か月の制作期間をかけて5着のステージ衣装を完成させました。

 ドレスを制作したメンバーの1人、東筑紫短大美容ファッションビジネス学科の古賀日菜さんは「自分たちの衣装を着てモデルが歩いているのを見て胸がいっぱい」と話しました。


 小倉織や久留米絣、博多織などの伝統工芸品を、IZ*ONEの宮脇咲良さん、チャン・ウォニョンさんらが着用して登場。小倉織のアクセサリーを提供した「ITOHEN」(北九州市戸畑区)の代表・綿瀬麻意子さんは「感動しているとしか言いようがない」と感謝しました。



広告

この記事をシェアする

  • 読売新聞 購読の申し込み
  • KODOMO新聞&中高生新聞無料公開中
  • 西部読売育英奨学会 よみいく