北九州市民のソウルフード「資さんうどん」が通販サイトをオープン

資さんうどんの通販サイト「資さんストア」

記事 INDEX

  • 北九州市民のソウルフード
  • 資さんの味を家庭でも
  • ふるさと納税でも人気

 北九州市民のソウルフードとも称される「資さんうどん」の通販サイト「資さんストア」が4月24日にオープンしました。資さんうどんの味を家庭でも楽しめるほか、特製たれで味付けした「もつ鍋」なども販売。5月末までの期間限定で、一部の対象商品を購入した人にオリジナルエコバッグをプレゼントしています。

「資さんうどん」とは


 「資さん」は1976年に創業し、北九州市を中心に福岡、山口、佐賀、熊本の4県で計47店舗を展開している北九州発祥のうどんチェーンです。うどんや丼などメニューは100種類を超え、とろろ昆布、天かす入れ放題、きざみつぼ漬け取り放題も魅力のひとつ。また、店で手作りする「ぼた餅」は、春のお彼岸シーズンだけで1週間に20万個、年間で400万個を販売する人気メニューです。

県外からも「食べたい」の声

 資さんによると、北九州市のふるさと納税の返礼品で資さんうどんが話題になるなど、店舗がない地域からの「食べたい」という声を受け、自社通販サイトの準備を進めてきたそうです。新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が求められる中、「自宅で資さんうどんを」という地元の要望にも応えました。


「肉うどん」に「もつ鍋」など

 資さんうどんの「肉うどん」は、甘辛く煮込んだ牛肉に、サバや昆布、椎茸などの素材でとった出汁が調和します。牛テッチャンのみを使用する「もつ鍋」は、もつの余分な脂を落としてさっぱりと食べやすい美味しさ。もつ鍋のスープは味の決め手「資さんのうどんつゆ」を使用し、シメのうどん麺も付いています。


肉うどんともつ鍋(提供:資さん)

 うどん麺やうどんつゆの単品販売のほか、特製「ビーフカレー」、酒粕入り具だくさんの「豚汁」、「牛丼の具」の冷凍商品3種も取り扱っています。


(提供:資さん)

 資さんの広報担当者は「今後、販売する商品を増やすことも検討しています。多くの人に資さんの味を楽しんでもらいたいです」と話しています。


この記事をシェアする

  • 読売新聞 購読の申し込み
  • KODOMO新聞&中高生新聞無料公開中
  • 西部読売育英奨学会 よみいく