季節外れの「小文字焼」 癒やしを届ける地域の光

小倉城の先に浮かぶ小文字焼の「小」の文字

 北九州市小倉北区富野の小文字山(366メートル)の山頂付近で11月8日夜、炎で「小」の字を描く「小文字焼」が行われた。


街中から見える山頂の炎


 北九州市によると、「小文字焼」はお盆の迎え火として親しまれてきた恒例行事だが、今夏は新型コロナウイルスの影響で中止に。今回はひとときの「癒やし」を届け、地域のつながりを感じてもらえる機会にもなればと、地元自治会が企画した。


炎で描かれた「小」の文字

 この日は午後1時頃から、地元消防団ら約40人がわらを詰めた竹筒を並べた。午後7時になると、竹筒に1個ずつ火をともし、8時頃まで鮮やかな文字が浮かび上がった。
 (写真:大野博昭、文:橋本龍二)


小文字山の山頂付近

小文字山山頂からの眺め


広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介