外で遊べない子どもたちへ 家族で盛り上がるボードゲームを聞いてきた

記事 INDEX

  • 家族みんなで楽しめる
  • 人気の陰にユーチューバーあり
  • 店長のオススメを一挙紹介

 新型コロナウイルスの感染リスクを避けようと、多くの人が外出を控えています。一方、ずっと家にいてテレビゲームや「YouTube」などで時間をつぶす子どもの生活を心配する保護者も多いようです。なお続く休みをどのように過ごすか。そんなときこそ、家族や夫婦、恋人との絆を深めてみるのはいかがでしょう。福岡市・天神のボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE福岡天神店」で、子どもから大人まで楽しめるボードゲームを聞いてきました。


中川航太さん

1984年生まれ。JELLY JELLY CAFE福岡天神店の店長。元ウェブデザイナー。自身も将棋ボードゲーム「エクストリーム将棋」を開発。今夏に再販を予定している。


 

ボードゲームといえば将棋や囲碁、オセロ、あとは「人生ゲーム」くらいしか知りませんが、ここにはたくさんありますね。

 

当店には約450種類のボードゲームがあります。近年はボードゲームがブームで、国内外で様々なものが誕生しています。

 

新型コロナウイルスの影響で外で遊べない子どもがたくさんいます。家族で楽しめるボードゲームを教えてください。

 

任せてください! 小さなお子様にも楽しんでもらえるゲームだと「ねことねずみの大レース」ですね。

早速「ねことねずみの大レース」で対戦してみた!


プレーヤーのネズミがネコに"食べられたら"ゲームオーバーだ

 中川さんオススメの「ねことねずみの大レース」を編集部員が体験しました。対象年齢4歳からなのでルールは簡単。サイコロを振ってネズミたちを進め、好物のチーズを手に入れるだけ。後ろからネコが追いかけてくるので、ネコに"食べられた"ネズミはゲームオーバー。チーズをたくさん手に入れた人が勝ちです。


2〜4人で遊ぶことができる


 

木製のネコやネズミがかわいいですね。

 

そうですね。このかわいさも小さなお子様に人気の秘密です。


プレーヤーは最大4匹のネズミを動かす


ネコに捕まらないように4匹のネズミを逃がす


 

子ども向けでしたが、けっこう盛り上がりますね。

 

対戦相手の表情やゲーム中の会話など、同じ空間を共有できるのがボードゲームの魅力です。

 

ルールが簡単なのもいいですね。

 

そうですね。小さな子にはルールが少なく、戦略性より、サイコロによる「運」の要素に左右されるゲームが向いています。小学生くらいになると覚えるのも早いので、難しいゲームでも上達が早いです。


この記事をシェアする

  • 読売新聞 購読の申し込み
  • KODOMO新聞&中高生新聞無料公開中
  • 西部読売育英奨学会 よみいく