「ガンダムパーク福岡」が4月開業のららぽーとに登場 シリーズの世界観を満喫!

画像はいずれも ©創通・サンライズ

記事 INDEX

  • スペースコロニーをイメージ
  • 新感覚アクティビティーも!
  • アミューズメントも充実

 4月に開業予定の「ららぽーと福岡」(福岡市博多区那珂)に出店するエンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」の概要が明らかになりました。人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの世界観を存分に楽しめる三つのエリアを整備。限定商品の販売や特別仕様のアクティビティーで"アツい"人気を呼びそうです。

スペースコロニーをイメージ

 ららぽーとは、三井不動産(東京)が首都圏を中心に展開する商業施設。ららぽーと福岡の入り口には昨年12月、新デザインの実物大ガンダム立像が据え付けられ、ガンダムパーク福岡はその施設4階に出店します。


「GUNDAM SIDE-F」

 広さ約4700平方メートルの施設の中核となる「GUNDAM SIDE-F」は、ガンダムに関する様々な情報を発信し、グッズを販売するエリアです。スペースコロニーをイメージしたエリアには、幅約10メートル、高さ約6メートルのモニターを設置する予定で、ここでしか見られない迫力満点の映像を楽しめます。


ららぽーと福岡の立像と同じデザインのガンプラ


 モニターの近くには、映像でアニメの世界観に浸りながら、ガンプラを組み立てることができるスペースも用意されます。ららぽーと福岡の入り口にそびえる立像と同じデザインのガンプラなど、限定商品も取りそろえるとのことです。


advertisement

新感覚アクティビティーも!

 テレビのバラエティー番組のような体験ができる新感覚のスポーツ施設「VS PARK」とコラボした「VS PARK WITH G」は有料エリアになります。多くのアクティビティーが「ガンダムパーク福岡」だけの特別仕様です。


新感覚のスポーツ施設「VS PARK」とコラボした「VS PARK WITH G」

 モニターに映るキャラクターの動きに合わせて攻撃をよけたり、競走したり、20種以上のスポーツアクティビティーを体験できます。ガンダムとコラボした写真スポットもあり、ファンはもちろん、ガンダムを初めて知る人も体を思いきり動かして楽しめます。

アミューズメントも充実


アミューズメントエリア 「namco」

 アミューズメントエリア 「namco」には、子どもから大人まで楽しめるゲームなどが並びます。アミューズメントの人気機種に加え、初登場となる「ガンダムパーク限定 太鼓の達人」、パーク専用の景品やカプセルトイなどが登場。「機動戦士ガンダム 戦場の絆Ⅱ」など、ガンダムのア-ケードゲームだけを集めたコーナーも設けます。

 施設を運営する「BANDAI SPIRITS」(東京)の担当者は「ガンダムファンはもちろん、ガンダムを知らない世代やファミリー層にも楽しんでいただけるとうれしいです」と話しています。



advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅